わき・足の匂い

なぜ わき・足の匂いが起こるのか?

汗そのものは無臭。細菌の繁殖がにおいのもと

汗を分泌する汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2種類あります。アポクリン腺は、わきの下や陰部、外耳道などにあり、汗の中にはたんぱく質や脂質、糖などが含まれています。エクリン腺は全身にあり、汗の成分のほとんどは水分です。

わきのにおい

分泌されたばかりの汗は無臭ですが、汗に含まれる脂質が、皮膚の表面の細菌によって分解されて、においが発生します。

脇臭症の人は、このアポクリン腺がほかの人より多く密集しているうえに、働きも活発です。そのため汗の分泌量が多く、においが強くなります。

足のにおい

エクリン腺から汗が分泌されると、皮膚の表面の細菌が、汗(水分)で活性化され、自然にはがれ落ちた皮膚(垢)をエサにして増殖します。汗は最初は無臭ですが、細菌が不快なにおいのする物質をつくり出します。

神経質になりすぎるとそれがにおいのもとに

緊張が続くと、手のひらやわき、足にも汗をかき、それがにおいを発生させることがあります。においを気にするあまり緊張がとけずにいると、さらに汗をかくという悪循環におちいる可能性も。

「ケアをしているから大丈夫」と、おおらかな気持ちが大切です。

腋臭症が心配なときは形成外科や皮膚科を受診して、正しい診断をしてもらいましょう。

洗い終わつたら湿気を残さず、よく水気を拭きとること

スキンケアで、においはある程度コントロールできます。わきの下や足をていねいに洗って、汗と汚れをしっかり落としましょう。洗い終わったら水気をよく拭きとること。ジメジメと湿った環境を好む細菌の繁殖につながります。

わきの下の匂い こんな人に起こりやすい

わき毛が多い
わき毛が多い人は、毛根も多く、アポクリン腺の数も多い傾向があります。結果的に、汗の里が多くなり、わきの下のにおいも強くなりがちです。
両親が腋臭体質の人
腋臭症の体質の遺伝的影響は約3割程度といわれます。子どものころは気にならなくても、成長とともに症状が出てくる可能性があります。
食事メニューは肉類が中心
肉類や乳製品中心のかたよった食生活を続けていると、アポクリン腺や皮脂腺の働きが活発になり、汗や皮脂の分泌が急増して、においも強くなる傾向があります。

こうして わきの匂いを改善

わき毛をこまめに処理してすっきりさせる
わき毛があると、湿気がこもりやすく、細菌も繁殖しやすくなるので、定期的にそっておきましょう。エチケットとしてだけでなく、におい対策としても欠かせません。とくに肢臭症の人は、一般にわき毛が多いので、こまめな手入れを心がけて。
服や下着は通気性や吸湿性を優先させて
においは、こもったりむれたときに強く感じられます。服も下着も、ファッション性よりも通気性や吸湿性のよいデザイン、素材を優先させて選ぴましょう。体を締めつけないゆったりしたデザインで素材は綿や麻、シルクなどがいいでしょう。
肉類中心から野菜を取り入れてバランスよく
肉類や乳製品などの動物性脂肪は、汗腺や皮脂腺の働きを活発にさせるといわれます。つまり、汗や皮脂の分泌が多くなり、においも強くなるということ。これらの食品はなるべく避けて、野菜を取り入れたバランスのよい食事に切り替えましょう。
制汗・デオドラント剤を使うのも効果的
スキンケアだけでは不安という人は、市販の制汗・デオドラント剤を利用して、汗やにおいをコントロールしましょう。汗のⅢが多い人は制汗効果の強いもの、においが強い人は消臭効果の高いものなど、自分の症状に合わせて選びま
しょう。

足の匂いは こんな人に起こりやすい

緊張しやすいタイプ。仕事の手抜きはしない
緊張すると足の裏にも汗をかき、靴をはいている間に、細菌がどんどん繁殖します、とくに仕事の上で妥協せす、頁面目-途な人は、緊張感も強いので足も汗つかきの傾向が。

お気に入りの同じ靴をはき続ける
毎日、同じ靴をはき続けると、湿気が中にこもって細菌が繁殖しやすくなり、においの成分が靴に吸着して、靴自体がにおいを発します。
靴はデザイン性を重視して選ぶ
デザイン重視で選び、足に合わない靴を無理してはいていると、それがゆるい靴でも、きつい靴でも足が緊張して。汗をかきやすく、足のむれの原因になります。

こうして足の匂いを改善

はき心地のよい靴を選び毎日続けてはかない
足のにおいを防ぐには、汗をかかないこと。足に合わない靴をはくと汗をかきやすいので、足にピッタリ合った、はき心地のよい靴を選びましょう。ローテーションも大事。1日はいたら数日は休ませ、その間に、靴の湿気を飛ばして細菌の増殖を防ぎます。
靴も靴下も通気性を求めて汗をかきにくく
靴も靴下も、通気性のあるものを選び、少しでも汗をかかずにすむようにします。靴は外側も内側も革製がベスト。靴下は、化繊はむれやすく、綿100%は吸湿性がよく湿つてしまうので、シルクやウールなどの天然繊維が入った混紡製がおすすめです
指の間もていねいに洗つてさっぱりと
汚れは細菌のエサになり、細菌の増殖を招きます。指の問、裏側も念入りに洗って汚れを落としましょう。洗ったあとは、指の問の水気も忘れずに拭きとって乾燥。湿ったままだと、細菌がたちまち活動を開始してしまいます。
靴の中のムシムシは中敷きの助けを借りて
密閉された靴の中は、いつもむれている状態。こまめに靴を脱いだり、においや湿気を吸収する中敷きを利用してさっぱりさせる工夫を。ときどきストッキングの先端を少し引っ張って、たまった湿気を外に逃がすのも、効き目があります。

わきのにおい・あしのにおいのセルフケア

アロマテラピー

皮膚を清潔に保ち、体のにおいを防ぐ精油でアロマパスを楽しみましょう。お風呂あがりには、抗菌カの強いラベンダーのフローラルウォーターを使つてもよいですね。足のデオドラント対策には、フットスプレーがおすすめです。オフィスでもストッキングの上から吹きかけましょう。

アロマバスで

グレープフルーツ
消臭と殺菌の両方の効果があるので、汗や体臭対策に効果的です。
ティートリー
皮膚を清潔に保ちます。
ラベンダー
ラベンダーのもつ抗菌効果で肌を清潔に保ち、体臭を防ぎます。

フットスプレーで

足のデオドラント対策には、フットスブレーを。精製水60ミリリットルに好みの精油を3滴加えて、足にスプレーします。

サイプレス
足に汗をかきにくくします。
ジュニバー
肌を浄化する作用にすぐれています。
ベルガモット
デオドラント作用と消毒作用があります。