口臭/ドライマウス

どうして口臭/ドライマウスになるのか?

唾液の減少、細菌の増殖がにおいをつくり出す

口臭

口の中には細菌がすみついていて、ふだんは異物を撃退する働きをしています。この細菌が、口の中の不要物を分解したときに発生する物質がにおいの正体です。本来なら不要物を洗い流してくれるはずの唾液が減ったり、細菌や不要物そのものがふえすぎると、口臭が起こるのです。

寝不足や水分不足、朝、目ざめたときや緊張したときなどに口臭を感じることはありませんか?そういうときは、唾液が減っているのです。

また、口の中に食べかすが残っていると細菌が増殖して歯垢がたまり、歯肉に炎症が起こりやすくなります。こうした歯周病にかかると細菌も不要物もふえます。口臭に悩む人の約8割に歯周病がみられるといわれます。

ドライマウス

口腔乾燥症とも呼ばれるもので、唾液が十分に分泌されない状態です。軽い段階では、口の中のネバネバ感、虫歯や歯垢の増加、口臭などの症状がみられます。重症になるにつれて、強い口臭、舌の表面のひび割れなどがみられます。

唾液には細菌の繁殖を防ぐ物質が含まれています。唾液が少なくなると、口の中の細菌が増殖して、虫歯や歯周病、口臭などが起こりやすくなるのです。口の乾きが進行すると、しゃべりにくい、口の中が痛くて食べ物がかめない、食べ物を飲み込みにくい、眠れないといった症状も出て、健康にも影響してきます。

現代の食生活では、かむ必要のない、やわらかいものばかりを食べているため、唾液の分泌が少なくなっているのが原因です。緊張やストレス、邱炎や口呼吸などでもドライマウスが起こりやすくなります。

口の中の清潔を心がけてにおいをコントロール

口臭

朝起きたときや、空腹時、緊張したとき、かぜをひいたときや月経のときなどは、唾液の分泌が少なくなって、だれしも□の中のにおいが強くなるもの。水を飲んだり、ガムをかんで唾液をふやすなどすれば、自然に消えてしまいます。気になるようなら歯科を受診し、歯垢や歯周病のチェックを。とくに歯周病は自分では気づきにくいので定期的に歯科検診を受けましよう。

舌の表面に付着した白っぽい「舌苔」や、鼻やのどの病気、胃腸の病気や糖尿病による口臭もあります。心理的なことが原因になっているケースもみられます。

ドライマウス

口の中が乾燥していて、デリケートな状態です。アルコール、タバコ、香辛料などの刺激物は避けましよう。水をそばに置いて、こまめに補給します。またガムをかんで唾液の分泌をうながしたり、ストレスや緊張が続くと唾液の分泌が少なくなるので、気分転換をはかってリラックスするなど、生活面での工夫も必要です。

心配なときは、かかりつけの医師、あるいは歯科を受診してみてください。

口臭/ドライマウスは、こんな人に起こりやすい

虫歯、歯周病にかかっている
虫歯があると、口の中の感染が起こりやすくなります。また歯周病が進むと、歯茎から出血したり胆がたまったりします。それを細菌が分解して口臭の原因になります。
間違ったブラッシングを続けている人
歯の表面だけをみがいても汚れは落ちたことになりません。時間がない、疲れている、めんどうなど、みがきたくない理由はいろいろありますが、口臭はもちろん虫歯の予防にも、歯みがきはしっかりと。
緊張しやすくてストレス解消が苦手
緊張したりストレスの多い日が続いてリラックスできずにいると、唾液の分泌が抑えられ、口臭やドライマウスが起こりやすくなります。

こうして口臭/ドライマウスを改善

正しいみがき方をマスター
歯垢がつきやすい歯と歯の間、歯と歯肉の境目、歯の裏側などをチェック。鏡を見ながらていねいにみがきましょう。毎食後にみがくのが理想ですが、回数よりもみがき方が大切。何回みがいてもいいかげんなブラッシングなら意味がありません。一度、歯科を受診し、自分の歯並びに合つたやり方を指導してもらいましょう。また、歯ブラシにも注意。ブラシが反つてきたら新品に交換を。
舌の表面の舌苔もきれいに
ブラッシングが完璧でも、舌苔が残っていては、口臭をシャットアウトすることはできません。ただし、取りすぎは舌を傷めます。濡れたガーゼなどでそっとふき取るか、歯ブラシで舌の奥から手前に2、3回軽くぬぐう程度に。
よくかんで唾液の分泌を促進
口臭もドライマウスも、唾液の分泌監の不足が原因でもあります。殺菌効果のある唾液の分泌をアッブさせるには、よくかむ、緊張をほぐすなどが効果的。かみごたえのあるものを意識して食べたり、リラックス法を身につけるなど、自分なりの工夫で改善しましょう。
生活習慣の見直しが大切
舌苔は、体調が悪かったり、緊張で口の中が乾燥したり、アルコール、刺激物、タバコやコーヒーのとりすぎで付着しやすくなります。規則正しい生活を心がけて体調を万全にすること、アルコール類の飲み過ぎにも気をつけて。
ケアグッズを上手に利用
消臭効果のあるスプレーなど、市販の口臭ケアグッズを利用するのもおすすめ。緊張すると唾液の分泌が減つて、口臭が起こりやすくなりますが、グッズを使つて、においをコントロールしているという安心感が、予防に役立ちます。

口臭/ドライマウスのセルフケア

ハーブ

ハープの有効成分をもっとも効果的にとれるのがハーブティーです。殺菌効果のあるハープを使ったお茶を1日3回程度飲みましょう。続けて飲むことが大切。ハーブ歯みがきもおすすめです。

ティーで

ペパーミント
殺薗効果があり、□臭め原因となる殺菌の繁殖を防ぎます。
マリーゴールド
フラボノイドの働きで口臭を防ぎます。
クロ-ブ
殺菌作用があり、口臭の原因となる細菌の繁殖を防ぎます。

漢方

口臭の原因となるドライマウスには、漢方からもアプローチできます。唾液は急に出てくる即効性はありませんが、体全体の調子が整うにつれて徐々に改善されていきます。専門家に相談しましょう。一般には左のような薬が使われます。

ドライマウスが気になる人は、食事をよくかんで食べる、水分をできるだけひんぱんにとる、ガムをかむなども心がけるとよいでしょう。