なぜ痔になるのか?

コチコチ便が痔をつくる。自覚症状はいろいろ

痔には、いくつかのタイプがあります。女性にもっとも多く見られるのが「切れ痔」。肛門が裂けたり切れたりした状態です。便秘でかたくなった便が肛門を通るときに、粘膜を傷つけてしまうのです。排便のたびに痛みが走ります。

次に多いのが「いぽ痔」。お尻の血管の一部がふくれた状態です。原因は、お尻のうっ血。便秘によるいきみや、同じ姿勢を続けたり体を冷やすことで血行を悪くし、血管の一部に血がたまってしまうのです。肛門の外にもできますが、内部にできる「内痔核」がポピュラーで、排便のとき、拭いた紙に血がついて「あれ?」と気づくはず。いぼが肛門の外に出てくると痛みをともないます。

ほかには「あな痔」と呼ばれるタイプ。これは、膿を持ったおできができ、進行すると筋肉に穴があいて膿の管ができます。原因は下痢です。

いつまでも放置せず早めに受診して

軽い切れ痔であれば、自然に治ることもありますが、細菌による炎症が起こると、症状が悪化するので、肛門周辺の清潔を心がけましよう。とりあえず市販の治療薬を使ってようすをみます。

切れ痔もいぽ痔も、便通を整えたり軟膏を塗っても治らない、何度も痔を繰り返すようなときは、肛門科を受診します。痔が悪化していることもあるし、出血などの症状が痔によるものではなく、肛門や腸の病気のせいかもしれません。市販薬でようすを見るのは、1~2週間を目安にします。

人にお尻を見せるのは恥ずかしいもの。だれだって受診を先延ばしにしたいですよね。ましてや月経中、便秘中、妊娠中だったりすると、ますます受診しにくくなるのも当然。でも、そういった状況でも診察にはなんの支障もありません。事前に「いま〇〇中です」と断われば大丈夫です。

痔を悪化させないためには洋式トイレがベター

女性の痔の最大の原因は便秘。便が出ずに腸に残ると、水分が吸収されてかたくなり、ますます出にくくなるのです。食物繊維の多い食事を心がけ、便の材料をつくって出やすくする、自分の便意のタイミングを知り、便意をがまんしないですむ習慣を身につけることが予防の第一歩です。

痔になってしまったら、まず悪化を食い止めましょう。トイレは、どちらかといえば、和式より肛門に対する負担が少ない洋式がべ夕ーです。和式だとしゃがむ姿勢がつらくて大変です。

ただ、1回の排便時間が長い人ほど、お尻に負担がかかり、痔になりやすいといわれます。洋式がいいからといって、座り続けていたら痔になりやすく、一方、和式はいきみやすい姿勢になるので、排便時間が短くてすむというわけで、あまり和式と洋式に痔との関係の差はありません。

こんな人は痔になりやすい

ダイエット中で食事制限をしている
極端な食事制限をすると、十分な便がつくられず便秘になり、その結果、痔を引き起こします。
ついつい便意をがまんしてしまう
朝、出勤前で時間がない、仕事の途中だから、慣れないトイレはいやなどと、ついつい便意をがまんすると、便はかたくなってしまいます。
長時間、座りっぱなしの仕事をしている
座りっぱなしや立ちっぱなしなど、同じ姿勢を長時間続ける仕事の人は、お尻の血行が悪くなり、痔になりやすいので要注意です。
朝が苦手で朝食を抜くことが多い
排便のリズムからいって、便意を生じやすいのは朝食後。朝食を食べないと腸の運動がうながされないので、排便のチャンスを逃がしてしまいます。便秘から痔という悪循環のもとです。
冷え性、冷房などで体を冷やす機会が多い
もともとお尻は血行の悪い場所。冷え性だったり、冷房などでお尻や腰を冷やす機会が多いと、うっ血がひどくなって痔の原因になります。
妊娠・出産もきっかけになる
妊娠すると便秘になりやすく、また出産時のいきみは肛門に負担をかけるので、お尻のうっ血を促進。ひいては痔になる人も。

こうして痔を改善

排便はいつもスムーズ。すっきりと
食事の内容や生活習慣を見直して、便通を整え、肛門への負担を少なくすることが、改善への近道。毎日、便が出なくても、排便のときは気持ちよくすんなり出ることが大事です。それだけで、症状が落ち着いてくる場合が多いのです。
姿勢をときどき変えてみる
同じ姿勢を長時間続けていると、お尻の血行が悪くなり、症状もひどくなります。座りっばなし、立ちっぱなしで仕事をする人は、ときどき姿勢を変えましょう。意識して体を動かすくらいのつもりで。
浴そうにゆったりつかって血行促進
体があたたまると、全身の血行がよくなり、痔の原因となっているお尻のうっ血も改善されます。バスタイムは最大の治療薬。浴そうにゆっくりつかりましょう。めんどうだからとシャワーですませては、十分な効果は得られません。
とにかくあたためる工夫を
冬場は、便座をあたたかくしたり、防寒下着、カイロなどでお尻をあたためて血行をよくします。夏場も、ひざかけなどで冷房による冷えを防止。お湯で絞ったあたたかいタオルをお尻に直接あてる、ピンポイント手当ても効果的です。
香辛料、アルコールは控えて
香辛料は消化されずに、そのまま排泄されます。未消化の成分が肛門を刺激することになるので、香辛料のきいた料理はなるべく避けましょう。アルコールもお尻のうつ血を促進。痔の症状を悪化させます。誘惑に負けず、アルコールは控えめに。

痔のセルフケア

アロマテラピー
痔の痛みがつらいときに、手軽にケアできるのが座浴です。サイプレスは妊娠中には使えません。妊娠中の人はラベンダーなどを使いましょう。

座浴で

サイプレス
末梢血管や血管壁を収縮し、痛みを和らげます。
ラベンダー
こ鎮痛、鎮静、消炎作用などがある。陣痛の痛みに用いられることも。

浴そうに20センチくらいお湯をはり、精油を4滴ほど落としてよくかき混ぜて患部を10分ほどあたためます。浴そうから出た後に洗面器にお湯をはつて、ブラスケアで座浴をしてもよいでしょう。

漢方
おすすめは外用薬の紫雲膏(しうんこう)。ステロイドを使わない、漢方生薬でできた軟膏です。やけどや床すれなどにも使われます。
ホメオパシー
ホメオパシーのレメディ(治療薬)は、さまざまな痛みに対しても効果を発揮します。自分にあったレメディを使いましょう。
  • 排便時や出産のいきみでできた痛みのある痔
  • ズキズキした痛み

  ↓

アーニカ
原材料は多年草のハープ。登山家はけがをした際、アーニカの葉をちぎってしゃぶります。痛みに効く応急レメディです。
  • 便が通過するときに焼けるような痛みがある
  • 肛門の内側からの出血
  • 歩行時や座ると痛む
  • 温めると悪化する
アルセン・アルブ
原材料はヒ素。痔をはじめとしてしゃく熟感をともなう痛みに有効です
  • かゆくて痛い痔
  • 痛みのためにイライラする
  • 患部を冷やすとラクになる

   ↓

ナックス・ボミカ
東インドや北オーストラリアなどに原生する樹木。痔などの消化器系の症状に使われるほか、妊娠中のつわりや陣痛にも有効です。