女性の不調 辞典 > 体の不調 > アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎・花粉症

なぜアレルギー性鼻炎・花粉症が起こるのか?

花粉症は花粉の季節に起こるアレルギー性鼻炎

熱もないのに連続してくしゃみが出たり、鼻水が流れたり、そのうえ目やのどがかゆくなってきたというときは、鼻かぜではなく、たいていはアレルギー性鼻炎。これはハウスダストやカビ、ダニ、ペットの毛など、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)が鼻の粘膜を刺激して、アレルギー反応を起こしたものです。

花粉症も花粉が飛ぶ季節に起きるアレルギー性鼻炎の一つ。これらは遺伝的な要素が強いアトピーの人に発症しやすいといわれます。

ただ、スギ花粉による花粉症の場合、抗体ができるまでに20~30年はかかるといわれ、大人になってある日突然、発症するケースもあります。症状としては、鼻水、目のかゆみなど典型的なもののほか、だるい、ほてる、熱っぽい、頭が重い、集中カを欠くなどが特徴です。

妊娠中、授乳中の点眼薬、点鼻薬の使用は慎重に

花粉症になると、鼻の粘膜が赤く腫れあがりますが、鼻かぜとは区別しにくいもの。高熱はない、目がかゆくなってきたというときは、鼻かぜではなく花粉症と考えられます。

花粉は春先だけでなく一年中飛びます。心配なら耳鼻咽喉科で、IgE抗体(免疫グロブリンE・アレルゲンに対する反応物質)の有無や種類、症状の程度などの検査を。治療法は、生活や食事指導を中心に体に抵抗カをつけ、自律神経を整えることです。

自律神経のバランスがいいと、花粉症は起こりにくくなります。抗アレルギー剤などは花粉が飛ぶ前に飲むといいので早めに病院に行きましよう。目の症状がひどいときは点眼薬、鼻には点鼻薬を使いますが、これは血管を収縮させるので、妊娠中や授乳中の場合は医師に相談して使いましょう。

アレルギー性鼻炎・花粉症を改善

たっぷりの睡眠

夜更かしを避け、早寝早起きを心がけて、規則的に睡眠をとりましょう。昼寝もOKです。

疲労を早めに回復

季節の変わり目を迎え、環塊に順応するために体はあんがい疲れています。その日の疲れは、その日のうちに解消しましょう。

体力をつける

花粉が飛ぶ季節の変わり目は、体力も低下しやすいとき。きちんと食事をし、定期的に運勁をして、体力を維持しましょう。

体を鍛える

ウォーキングや水泳などの有酸素運動で体を鍛えます。自律神経のバランスがよくなり、アレルギーを受けっけない体に。

ストレスの回避

ストレスは花粉症を悪化させやすいので気をつけて。悩みや不安は友人に話して早めに解決し、趣味などを楽しんで、気分転換しましょう。

刺激物を避ける

辛い食べ物やアルコールは鼻づまりをひどくし、タバコは鼻の粘膜を刺激するので、避けましょう。

アレルギー性鼻炎の原因

室内の気密性による

カビ、ダニの繁殖あたたかい室内と高い湿度、風通しの悪さはカピやダニが繁殖する温床に。

ハウスダスト、ペットの毛

アレルギ一反応をもっとも起こしやすいアレルゲン。

ウール、羽毛、化学繊維などの寝具や衣類

木綿以外の繊維はアレルゲンになりやすい。

睡眠不足・ストレス

自律神経を乱して免疫力を低下させ、アレルギ一症状を起こしやすくします。

大気汚染

排気ガスに含まれる窒素化合物などがアレルゲンに。

アスファルトの道路、コンクリートの建築物群

アスファルトの道路に積もった花粉が、ピル風によって再び舞い上がって飛ぶ。

添加物が多い食生活

食品添加物が血液中のたんぱく質と結合してアレルゲンになることも。

花粉症乗り切り対策

メイク・ファッションの注意

衣類

ウールや羽毛、化繊はアレルギ一を起こしやすいので、木綿素材を使用します。新品の衣類は化学糊がついていることもあるので、必ず洗って、柔軟にしてから使用します。

香水・ヘアスブレー

人工的な香りは、アレルゲンになりやすいので控えましょう。

化粧

メイクはべたつくので、家ではなるべくすっぴんで。邱の下は鼻をかみすぎて荒れやすいので、ワセリンなどで保護を。

帽子

花粉を避けるためにもつぱの広い帽子をかぶります。髪の毛はなるべく帽子の中に入れましょう。

メガネ

顔との隙間から花粉が入らないようなデザインを選びます。

髪型

ロングヘアの人はなるべく髪を束ねて、花粉がつく面積を制限します。

外出スタイル

予防マスクやサングラスをつけ、帽子をかぷり、上着を珊用します。

帰宅したら

花粉を室内に入れない

玄関先で上着をぬいで、上着や髪の毛の花粉を払います。

うがい・洗顔

顔や体についたほこりを落とし、口の中もすすいできれいにします。

予防薬

目がチカチカする、鼻がつまるというときは、点眼薬や点鼻薬を使用します。

積極的に摂りたい食事

ビタミンB

ウナギ、レバー、ナッツ類に多いB2には皮膚や粘膜を保護する作用が、B6には免疫力を働かせる作用があり、アレルギ一
を寄せつけない体をつくります。

カルシウム

小魚に多く含まれ、血液のpHのバランスを保ち、アレルギ一反応を緩和する働きがあります。

ポリフェノール

シソや赤ワインなどに含まれ、アレルギ一反応を引き起こすヒスタミンの分泌を抑える働きがあります。

EPD.DHA

イワシ、アジ、サバなどの宵背魚に多く含まれ、アレルギー症状を改善。

インテリア&室内の整理

換気

風通しをよくしてカピやダニの繁殖を防ぎます。時間を決めて窓の開閉を。浴室、台所の窓は午前中、開けて乾かし、花粉
の多い日は窓を開けないようにします。

ペット

ペットの毛がアレルゲンになることがあるので、室内でペットは飼わないようにしましょう。

フローリングにして、ほこりがたまったり、ダニが繁殖しないようにします。

ソフアー

布製より、ほこりがたまりにくく、すぐにぞうきんで拭ける革製や合成皮革のものを選びます。

煙や香りが粘膜を刺激するので、室内は禁煙にし、蚊取り線香もやめます。

空気清浄槻を設置

室内のほこりゃ煙、いやなにおいを吸い取り、いつも空気をきれいにします。

花粉時期の室内のそうじ。手入れ

そうじはそうじ機

ほこりをまき散らさないために、そうじ機でそうじします。吹き出し口は窓の外に向けます。

じゅうたん・カーペット

表面のそうじだけでなく、扱側もほこりを除き、ときどき日に干します。

家具の上や裏のほこり

はたきをかけるとほこりをまき散らすので、そうじ機で大きなほこりを吸い取り、かたく絞つたぞうきんで拭きます。

エアコン

ほこりに気づきにくいのですが、月に1度、まめにそうじしましょう。

カーテンのほこり

カーテンにはかなりほこりがついています。そうじ機で吸い取るか、まめに水洗いします。

寝具

干したあと、そうじ機でほこりを取ります。

洗濯物

外に干さないようにします。外に干したときは、取り込むときにブラシをかけて花粉を落とすか、そうじ機で花粉を吸い取ります。

アレルギー性鼻炎・花粉症のセルフケア

 

漢方

抗ヒスタミン剤の入ったアレルギー薬は、眠くなったりのどがかわくなどの副作用があるために、仕事中は使えないという人も多いでしよう。漢方なら眠くなる心配がありません。一般に、花粉症には次の漢方薬がよく使われます。

小青竃湯(しょうせいりゅうとう)

くしゃみ、鼻水がひどく、朝ティッシュが手放せない人に。体質にかかわりなく使える、アレルギー性鼻炎のファーストチョイスです。

麻黄附子細辛湯(まおうぷしさいしんとう)

体力がなく、冷えが強い、廊づまりがひどい人に。体内に陽気をつくり、元気を取り戻します。同時に手足の冷えも改善されます。

ホメオパシー

漢方と同様に、不調を改善しながら気分をスッキリさせるのがホメオパシーのレメディ(治療薬)の魅カです。花粉症のつらい症状を緩和しながら体質も改善。生命力を強化して、アレルギー反応を起こしにくくしていきます。

  • 目が焼けつくように熱い熱をもち、熱い涙が出る
  • 水つぽい、熱い鼻水
  • 上唇のまん中がひりひり
  • くしゃみや鼻水がたくさん出るがラクにならない

   ↓

アルセン・アルブ

原料はヒ素.焼けるような痛みをともなう花粉症の症状を改善する。

  • 焼けるように熱い鼻水が絶えず流れる
  • 鼻孔と上唇が、焼けるようにひりひり
  • 鼻水は左の鼻孔からはじまり、右側に移動
  • 涙目、くしゃみ、いがらっぽいせきが出ることもある

   ↓

アリウム・ケパ

原料は赤タマネギ.タマネギの刺激のようなしゃく熱感のある鼻汁や激しいくしゃみなど、花粉症、アレルギ一性鼻炎のつらい症状に効果的

  • 目の症状が強い花粉症に
  • ほおがひりひりし、熱く焼けるような涙が出て、目がかゆい
  • 水つぼい鼻水

   ↓

ユーフラシア

さまざまな目の不調を軽減するので、一般にはアイプライトと呼ばれている植物が原料.花粉症、結膜炎などの目の症状と鼻のアレルギー症状に。

ハーブ

ハープには、抗アレルギー作用をもつものもあります。ハーブティーから立ちのぼる蒸気そのものも鼻粘膜に作用するので、体の内側と外側から、症状にアプローチできます。

ティーで

アイブライト

抗アレルギ一作用、抗ヒスタミン作用があります。

エキナセア

抗アレルギー作用、免疫カの強化、抗感染作用があります。

エルダーフラワー

消炎作用があります。ネトル 抗アレルギー作用があります。     など

アロマテラピー

アロマテラピーは、芳香浴がおすすめです。症状をやわらげるだけでなく、ボーツとした頭もアロマの香りですっきりします。外出時は、マスクの内側に精油を1~2滴含ませて着用したり、ハンカチにたらして香りをかいでも。

芳香浴で

カモミール

消炎作用、抗アレルギー作用があります。

ユーカリ

消炎作用で、鼻やのどの炎症がラクになります、

サイプレス

花粉症で拡張した鼻や目の毛細血管を引き締める作用があります。

ラベンダー

鎮静作用だけでなく呼吸器の炎症をしずめる効果があります。               など