低血圧

どうして低血圧になるのか

不快な自覚症状がある場合が低血圧症

「朝、起きられない」「めまいや立ちくらみがある」というのが低血圧の2大症状。最高血圧(収縮期血圧)が100mm/Hg以下をいい、ほかにもさまざまな不調があらわれることがあります。

低血圧には、常に血圧が低い慢性低血圧と、立ち上がったりしたときだけ血圧が低くなる起立性低血圧があります。心臓病や甲状腺、糖尿病などの病気が背景にある場合もありますが、多くは体質的なものです。

また、低血圧には心理的な要素が関係していることも少なくありません。疲労や睡眠不足、仕事や職場の人間関係などによる精神的ストレスが原因で、自律神経が乱れると、血管のメカニズムが正常に働かなくなるのです。その結果、心臓に戻る血液量が減って、血圧が低下し、低血圧の症状が出るのです。

低血圧の症状

単に血圧が低いだけでなく、低血圧によって不快な症状があらわれる場合を低血圧症といいます。低血圧症の症状には次のようなものがあげられます。

  • 朝、起きられない。
  • 頭が痛い・頭が重い。
  • 朝、食欲がない。
  • 起きても目がさめない。ポーツとしている。
  • 午前中は仕事や家事がはかどらない。
  • めまいや立ちくらみがある。
  • 人込みでは圧迫感を感じる。
  • 肩がこる。
  • 耳鳴りがする。
  • 疲れやすい
  • 息切れがする。
  • 体がむくむ。
  • 吐き気がする。
  • やたらに汗をかく。
  • 冷える。

病気の場合もあるので一度、病院でチェックを

血圧が低いと血のめぐりが悪く、体の場所によっては血流の量が減少するために、さまざまな不快な症状があらわれます。ときには重大な病気が隠されていることもあるので、症状が気になるときは、一度、内科で検査を受けましょう。

検査をしても体に異常や病気がない場合は、日常生活の工夫で、低血圧の症状が改善できます。

生活を見直し自律神経を整える

低血圧を改善するには、乱れた食生活や生活態度を見直して自律神経を整えることが大事です。

低血圧の症状と似た病気

いろいろな不快症状は低血圧が原因と自分で思つていても、そうでない場合もあります。
低血圧の症状と似た症状をもつ病気があるのです。

低血糖症

糖尿病の治療薬を飲んでいる場合によくみられる症状です。血糖値が急に下がるので、ポーッとして気が遠くなり、疲労感が両肩にのしかかり、動悸、息切れ、めまいなど、低血圧症と似た症状が出ます。アメなどで糖分をとるとラクになり、治療薬を飲んでいるかどうかでも区別できます。

子宮筋腫

子宮筋腫がひどくなると、出血蚤もふえてくるために、めまいやふらつき、動悸など、貧血や低血圧と同じような症状がみられます。血液検査、産婦人科の内診や超音波検査によってはっきり区別できます。

貧血

血液中にある酸素を運ぷ役目をしているヘモグロピンが不足して起こる病気。ヘモグロビンは赤い色素をしているので。これが不足し、顔色などが青白くなります。血圧の低下、動悸、息切れ、めまいなど、低血圧症とよく似ています。血液検査ではっきりします。

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌が減少する病気です。血圧は下がり、冷えやむくみもあらわれます。活発に行動することがなく、引きこもりがみられます。疑わしいときは血液検査で診断します。

うつ病

体がだるく、気分が落ち込んでやる気が感じられないなどのうつ病と低血圧の症状は似ています。うつ病の治療薬はますます血圧を下げるので、うつ病の薬を飲んでも症状がかえって悪くなるようなときは、低血圧の場合もあります。

自律神経失調症

自律神経は、心臓や阿、肺など臓器の機能をコントロールしています。この自律神経がバランスをくずす病気です。めまい、冷え、動悸など自律神経の乱れからくる低血圧と同じ症状を示します。ほかに病気がないのに低血圧がなかなか改善されないときは自律神経失調症を疑ってみましょう。

こうして低血圧を改善

体内のリズムを整える

朝は決まった時間に起き、3度の食事をきちんととり、規則正しい毎日を送って、自律神経を整えましょう。朝食抜きや暴飲暴食、深酒をするのは避けましょう。

ストレスを解消

自律神経を整えるためにもストレスは早めに解消しましょう。それには、自分の楽しみの時間をもち、気が滅入つたら気分転換して心身をリラックスさせます。

快眠を心がける

自律神経を休めて十分に眠れば翌日、自律神経もよく働きます。血のめぐりをよくするために、寝るときは少し頭を高めにし、ベッドの中で足首を回したり軽い運動をしましょう。

タバコは控える

タバコは血管を収縮させ、一時的に脳などの血流!nを少なくすることがあります。吸つている人は、禁煙しましょう。

適度な運動を

血液の循環をうながすために、散歩やストレッチなど適度な運動で体を動かします。

起き上がるときはゆっくり

急に頭を上げるとめまいがします。最初は上半身だけ起こします。ついで、両手で体を支え、足元を見るような感じで、30秒ほどかけてゆっくり立ち上がります。

低血圧を改善する食事

低血圧を改善するには食事が大事です。たんばく質、ビタミン、ミネラルをたっぷり含んだバランスのよい献立で、楽しい食卓を演出しましょう。

水分や塩分の覆は制限する必要はありませんが、食べすぎには注意しましょう。

  • 大豆製品・卵・魚・鶏肉・乳製品など、血や筋肉になる良質のたんぱく質をしっかりとる。
  • エネルギーとなるご飯も、毎食1膳は食べる。
  • ウナギ、さつま芋などに含まれるビタミンB1、ナッツや植物油などに含まれるビタミンE、海藻などに含まれるミネラルは疲労を回復し、血管を強くし、血行をうながす。
  • 朝、起きがけにコーヒー、緑茶を飲んで血圧を上げる。

朝のすっきり目ざめ術

朝起きるのがつらい、午前中調子が悪い低血圧症。
すっきり体を目ざめさせるための3つのポイントを紹介します。

起き上がる前にふとんの中で体を動かす

起き上がる前に、ふとんの中で伸びをしたり、体を縮めたりして、少し体を動かしましょう。体に酸素かいきわたり、体が自然に目ざめてきます。

朝日を浴びる

起きたらすぐに窓を開け、太陽の光を浴びて体内時計をリセットしましょう。深呼吸をしてさわやかな空気を体内に取り入れてください。

熱めのシャワーを浴びる

朝のジャワ一も体を目ざめさせます。しゃつきり目ざめるためには、熱めのシャワーを短時間浴びるのがポイント。交感神経が活発に働きはじめます。

低血圧のセフルケア

アロマテラピー

低血圧症の人は朝が苦手。起きてもしばらくボーツとしていることが多いですよね。これからはアロマポットなどを使って、まずはお部屋をフレッシュでさわやかな香りで満たしましょう。芳香成分が脳を刺激して、頭も体もすっきりしやつきり目ざめてきます。

芳香浴で

ローズマリー

脳細胞を活気づけて、記憶力、集中力を高める作用があります。クリアでシャープな甘い香りです。

レモン

頭をリフレッシュさせる作用があります。1日のはじまりにふさわしいさわやかな柑橘系の香りです。  など