便秘

なぜ便秘になるのか?

排便が毎日あってもスムーズでなければ便秘

「毎日お通じがあるけど、便がコロコロしている」「3日に一度だけど、すっきり出る」などと、排便にはそれぞれ個性があります。便秘にはこれといった定義はありません。

一般には、「便が腸内に長時間とどまったために便の水分が減ってかたくなり、3日以上たってもスムーズな排便がない」という状態、あるいは、「毎日排便はあるが、便がかたくて排便後すっきりしない」という場合を便秘といっています。

旅行先などで一時的に便秘になることがありますが、慢性便秘は、毎日繰り返される便通異常です。若い女性に多い便秘には下記の2タイプがあります。これといった病気がないのに起きる便秘ですが、なかには大腸がん、大腸ポリープなど腸の病気や子宮筋腫、卵巣のう腫など婦人科の病気が原因のこともあるので、注意しましよう。

若い女性に多い便秘のタイプ

直腸性便秘

骨盤の筋肉が緩み、直腸神経の反応が鈍くなって起こる。下剤や況賜の多用、偏食、不規則な食串、運動不足、ゆったりできない排便時間などが原因。

けいれん性便秘

自律神経の乱れなどにより、腸のぜん勁迎動が強くなりすぎて、便の通凋を妨げる。便の水分が吸収され、ヤギの糞のようなコロコロした便に。
この2タイプのほかに、腸の機能が低下して起こる弛緩性便秘があります。これはお年寄りに多くみられる便秘です。

便秘が引き金で、痔や肌荒れなどの症状が

月経時のホルモンの変動で便秘することもあり、女性は、半数が便秘症といわれます。便秘が当たり前だと、慣れてしまいがちですが、便秘は大腸がんの遠因にもなります。

ずっと便秘気味で、不快な症状がある場合は、一度、胃腸科を受診して、病気がないかをチェックしておきましょう。

便秘をほうっておくと、痔、肌荒れ、にきび、吹き出物、肩こり、頭痛、肥満、口臭、不眠、イライラなど、体や心の症状が出てきます。すっきり排便する習慣をつけましょう。

こうして便秘を改善

便秘を解消する食生活

きちんと食べて便をつくる

便秘を解消するには、無理なダイエットや偏食はやめ、便の材料となる食べ物をきちんととることです。ご飯などの炭水化物や食物繊維をしっかりと。

食物繊維の多い食べ物を

便の材料となる芋類、根菜類、緑黄色野粟、海藻類、キノコ類などは毎回、食卓に。

腸のぜん助運助をうながす

レバーなどのビタミンB群は腸のぜん勁迎動をスム一ズにします。また、オリーブオイルなどの植物油は、便を排出するときの腸の潤滑油になります。

腸内環境を整える

乳酸菌などの普玉菌をふやして腸内環境を整えるためには、刺激の強いものは避け、ビフィズス菌やフラクトオリゴ糖を含むヨーグルトなどを穣極的にとりましょう。

腸の動きを活発にする

ストレスはためない

ストレスは胃腸の機能を低下させ、便秘の原因をつくります。なんでも話し合える仲間をつくり、仕事や人間関係の悩みは相談して早めに解決しましょう。すべてを背負い込まないで、優先順位を決めて実行しましょう。多忙な家事をお金で解決するのも手です。

全身を鍛えて圏を鍛える

ウォーキング、スイミング、ヨガなどで全身を鍛えることで腸も鍛えましょう。腹筋運動は、腸の動きを活発にします。運動する時間がとれない場合は、日常の動作をてきぱきと行いましょう。

睡眠をたっぷり

スムーズな排便の基本は、十分に眠り、しっかり食べることです。早寝早起きを心がけ、1日6~7時間は眠りましょう。快眠は、疲労はもちろんストレスも吹き飛ばしてくれます。

排便の習慣

トイレはがまんしない

便意を覚えたらすぐトイレに行きましょう。便意はわずか30秒ほどで消えてしまいます。がまんしているうちに便意を感じなくなり、腸の働きも低下してきます。

朝食後、便意がなくてもトイレに

便秘気味の場合は、便意がなくても朝、食事を終えたらトイレに10分くらい座つてみます。これを繰り返してくるうちに便意が戻つてきます。こうしてトイレの習慣をつくっていきます。

便秘のセルフケア

漢方

便秘をしっかり治すには、漢方薬がとても役立ちます。でも、ひと□に便秘といっても、体質によって処方される薬はさまざま。その人のタイプに合った漢方薬を使うことが大切です。まずは専門家に相談しましょう。漢方の特色は体のバランスを整えることにあるので、下剤を使わないで便秘を治すこともあります。

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

いろいろなタイプの人に、幅広く用いられます。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

1日でも便が出ないと不快。下剤で腹痛、下痢が起こりにくいタイブ、または皮下脂肪が多いタイプの人に。

当帰しゃく薬散(とうきしゃくやくさん)

体力がなく、冷え、貧血、疲れやすいといった症状がある人に。月経不順や不妊症にも。

ハーブ

便秘に効果のあるハープもたくさんあります。生活習慣や食事を見直しながら、これらのハープを使ったお茶を楽しんでください。好きなハーブティーを味わいながら飲めば、リラックス効果も大。朝のお通じにきっとよい影響が出てきますよ。

ティーで

カモミール

ストレス、イライラなどからくる神経性の便秘に。心を鎮静させ、緊張やイライラ気分から解放してくれます。

フェンネル

おなかの張り、便秘の症状改善に効果があります。脂肪燃焼作用もあり、ダイエットハープとも呼ばれています。

ローズヒップ

ビタミンCが豊富。肌荒れや便秘改善におすすめです。ストレスなどで低下した免疫カも高めてくれます。                など

アロマテラピー

便秘解消にいちばん効くのは、なんといってもマッサージです。好みの精油でマッサージオイルをつくったら、おなかにまんべんなく塗って、やさしくマッサージしましょう。手のぬくもりでおなかの緊張がとけて、腸の活動も活発になります。

とくに急性の便秘は、リラックスすることで解消することが多いものです。香りの効用を最大限に利用して、便秘を解消していきましょう。

マッサージで

フェンネル

消化をうながすことで知られるハープ。結腸、消化器などにやさしく働きかけてくれます。

ローズマリー

体液の流れをスムーズにする作用があり、胃腸の障害に効果を発揮します。        など

便秘薬の使いすぎに注意

女性の約6割が悩まされているといわれる便秘。慢性の便秘に悩んで、毎日のように便秘薬を便っている人も多いのではないでしょうか。

でも、一般に西洋薬の下剤は強カです。薬に頼りすぎないように注意してください。便が出ないからといって毎日のように薬を飲んでいると、排便しようとする腸の働きが弱まり、薬がだんだん効かなくなっていくことがあります。

下剤はあくまでも便秘を一時的に治すものと考えて、食生活を改善したり、運勁をしたり、リラックスタイムをもって、なるべく自然な便通を待つようにしましょう。