イライラ

なぜイライラするのか?

イライラ、カッカは体が発する「休め」のサイン

上司に無理な仕事を押し付けられたり、うまくいかない人間関係にイライラしたり……。ストレス時代といわれる現代は、誰でもイライラ、カッカしやすい状況にあるのかもしれません。ときには、感情をコントロ一ルできなくなって怒り爆発→自己嫌悪↓よけいにストレスがたまる、なんていうことも……。

一般に、体や心が不安定で疲れているときほど、イライラ度、カッカ度が高くなります。だから、イライラしてきたら「ちょっと休め」のサインだと考えて、心と体の休養を。まずはしっかりと睡眠を確保することからはじめてみましょう。

女性はホルモン分泌の影響を受けて、月経前になると、わけもなくイライラすることがあります。

自分が心地よく思える癒しの時間を大切に

過度なストレスがかかって緊張・興奮モードの交感神経が優位な状態が続くと、免疫カも大きくダウン。がんなどの深刻な病気から、便秘、肩こり、不眠まであらゆる不調が発生します。だから、自分なりのストレス解消法をもつのは大切なこと。

ストレス解消法は人それぞれですが、心や体が疲れているときは、やけ食いをしたりお酒を飲んで騒いだりすると、かえってストレスをため込んでしまうことも多いので気をつけて。こんなときはふだんの行動から離れて、自分だけの「癒しの時間」をもったほうがストレスをリセットすることができるでしよう。癒しのパワーをもつセルフケアは、副交感神経を高めてリラックスモードに切り替えてくれます。

イライラをふやすこんなこと

早食い

食べ物をしっかりかむということは、脳を広範囲に刺激し、ホルモン分泌をよくするといわれています。ゆっくりかんで、楽しく食べる。忙しいときほど、心がけてみましょう。

仕事とプライベートの切り替えが下手

帰宅後も仕事のことばかり考えて、緊張モードに入っていると、心身ともに疲れがとれず、ストレスが蓄積されていきます。仕事と休餐のメリハリがついてこそ、明日もがんぱって働けるのです。

気分転換の方法を知らない

イライラ気分をいつまでも引きずってしまう人は、気分転換が下手な人。特別な趣味をもたなくても音楽を聴く、部屋の模様がえをするなど、ちょっとしたことでリフレッシュできます。

睡眠不足

きちんと、睡眠とれていますか? 浅い眠りは体を休め、深い眠りは脳を休めるといわれています。睡眠不足が続くと、ちよつとしたストレスにも弱くなります。

かたよった食事

カロリーは十分なのに、いろいろな極類の栄餐がとれていない「現代型栄養失調」の人がふえています。脳の活動に必要な栄養累がとれていないと、ささいなことでキレやすくなります。

  • カルシウム不足 落ち着きがなくなる。多く含まれる食品/牛乳、小魚、緑黄食野菜など。
  • ビタミン不足(とくにビタミンB群)神経過敏になる、イライラする。多く含まれる食品/緑黄食野菜、大豆、レバー、牛乳、玄米など。
  • マグネシウム 集中力の低下。多く含まれる食品/ワカメ、昆布、玄米、大豆、納豆など。

こうしてイライラを改善

深呼吸をする

イライラ、カッカしているときは、無意識のうちに体が緊張して呼吸が浅くなっています。こんなときは、まず深呼吸を。大きくゆっくりとした呼吸が体の緊張とともに心の緊張もといてくれます。上司の理不尽な言葉にカッとしたときも、言葉を返す前に深呼吸を1回。

軽く体を動かす

思いきりのぴをしたり、軽くストレッチをしたりすると、緊張した体の筋肉がほぐれるだけでなく、精神的なイライラも薄らいできます。仕事がはかどらないときは、ぜひお試しを。仕事の能率もアップします。

楽しいことを考えてみる

家に帰ったら、お気に入りの香りでゆっくりとパスタイムを楽しもう、観たかったビデオを借りてみよう、など「自分がしたいことは何か」を考えてみましょう。ささくれだった心がなごんできます。

イライラ解消のセルフケア

ハーブ

毎日をイキイキと過ごすためには、きょうのストレスを明日に残さないことが大切。きょう1日の終わりは、心をおだやかにするハーブティーで締めくくつてください。欧米では精神安定剤のかわりにハープを用いる人が少なくありません。

ティーで

レモンバーム
精神安定作用と同時に、胃腸のリラックス作用。イライラからくる消化器系の不調も改善してくれます。
セージ
神経のバランスを整えます。気分転換に効果的です。不眠解消にも。
パッションフラワー
心を落ち着かせる精神安定作用があります。催眠作用があるので、寝つきの悪い人にも。

アロマテラピー

イライラしたときの緊急対策としておすすめなのが、香りの蒸気吸入。ボウルかティーカップに熱湯を入れ、そこに精油を1~2滴たらして、立ち上る香りをゆっくりと吸入してください。芳香浴とくらべて香りの立ち上りがより早いのが魅力。オフィスでも手軽に試せます。

蒸気吸入で

ローズ
精神的なうつ、イライラなどの情緒不安定をやさしくしずめて、気分を穏やかにしてくれます。
ゼラニウム
月経前のイライラや落ち込みなどをやさしくしずめて、くつろいだ気分にさせてくれます。

ホメオパシー

心の不調の治療は、ホメオパシーの得意分野の一つ。イライラや怒りが激しいときには、次のようなレメディ(治療薬)によって心を落ち着かせることができます。

  • ふだんは穏やかに見えるが、抑圧してきた怒りに耐えられなくなって怒りを爆発させる
  • 怒りで体がふるえる

   ↓

スタフィサグリア
ヨ一ロッバに原生する植物で、レメディには種子を使います。怒りや不満などの感情を抑えこんで、ひとりで苦悩する人に適しています。
  • 短気でイライラしがちな仕事人間
  • 人から反論されることが許せない

   ↓

ナックス・ボミカ
東インドや北オーストラリアなどに原生する植物が原材料。ストレスから消化不良を起こしたり、明け方に目ざめる人にはぴったりのレメディ。
  • 心身が疲労すると感情を抑えられなくなる
  • 自己中心的になり、とても嫉妬深くなりイライラする

  ↓

ラケシス
ブッシュマスタ一という蛇の毒液が原材料。毒液はかまれたときの解毒剤をつくるときにも使われます。体質改善のためにも狗重なレメディです。

フラワーエッセンス

わかっているのに直せない自分のイヤなところ。心が不調なときには、それがとくに強く出てあなたを落ち込ませます。ここに紹介するエッセンスたちが、不調のときに強く出る性格の癖をゆるめるお手伝いをしてくれます。

インパチエンス
人のペースに合わせるとイライラし、気が短く過剰に反応してしまうタイプに。忍耐力、内なる平和をもたらせてくれます。
ツインフラワー
かっとうと衝突を回避するために。けんかのかわりに調和の心を取り戻して、人間関係を改善します。
パッションフラワー
困難な状況下で挑戦に応じられるように。人生を新しい観点から見ることをうながします。