女性の不調 辞典 > 月経 > 月経前緊張症(PMS)

月経前緊張症(PMS)

ホルモンのアンバランスから起こる不快症状

毎月、月経前になると、わけもなくイライラしたり、むくみがひどくなったり、無性に甘い物がほしくなったり、自分の心や体がふだんとちょっとちがうなと感じることはありませんか?

PMSは、月経がはじまる10日ほど前から起こる心や体の変調で、月経がはじまると消えていきます。

月経前は性周期では黄体期にあたっていて、排卵後、受精しなかった卵胞を黄体に変化させてプロゲステロン(黄体ホルモン)をさかんに分泌します。このときホルモンのバランスがくずれて、PMSの原因になります。疲労や体カの低下、不規
則な生活、転職や失恋などでストレスが増すと、PMSの症状が強くあらわれます。

基礎体温表をつけ月経周期を知っておくと気がラクに

月経前の不快症状は、程度の差はあれ、多くの女性にみられるものです。上手に乗り切るためには、基礎体温を記録して、自分の月経周期を知つておくと、比較的、気持ちもラクです。

まず十分に睡眠をとりましょう。この時期は注意カも散漫になりやすいので、大切な仕事の処理は月経後に回すようなスケジュールをたてましよう。それができなくても、イライラしやすい時期であることを自覚していれば、会社などで無用な人間関係のトラブルを避けることができるかもしれません。症状が強いときは、婦人科を受診しましよう。低用量ピルや漢方薬でホルモンのバランスを整えたり、鎮痛剤、精神安定剤などを処方してくれます。

自分だけのひそかな楽しみを追求する時間にあててみる

PMSは疲労感が強かったり、精神的なストレスでまいっていると、症状がよけい強く感じられます。月経前のこの時期は、十分に睡眠をとって、疲労やストレスをためすぎないようにしましょう。休日には、気分を解きはなって、自分の趣味の時
間を充実させながらゆったりと過ごすことが、疲労回復には必要です。また、食事は塩分のとりすぎに注意し、ミネラルをたっぷりとると身も心もすっきりします。

イライラするようなとき、気分が滅入るようなときは、家に閉じこもっていないで、戸外で体を動かしてもいいでしょう。ウォーキングなど軽い運動で汗をかき、その後、バスタイムをたっぷりとって、ゆったり浴そうにつかれば、心身の疲れも癒えるでしょう。リラックス効果の高いアロマテラピーなどもおすすめです。

こうして改善

イライラをしずめるミネラルをたっぷり

ミネラルが不足すると、気持ちの高ぶりをしずめることができません。この時期イライラする人は、カルシウムを含んだミルク、チーズ、イワシなどの小魚、大豆製品、鉄分を含んだレバー、ノリ・ワカメなどの海藻類、そして野菜類をたっぷりと。
十分に休養と睡眠を心地よい眠りにつくには、眠る環境も大事。寝る前に、ちょっとぬるめのお湯に入浴してリラックスしましょう。ふとんは体が沈みすぎない程度の硬さのものを、枕は自分の頭や体に合ったものを選べば、緊張がほぐれ、疲労を一掃してくれます。

食事は薄味に。アルコールも控えて

塩分が多い食事は、細胞が水分を取り込み、むくみやすくなります。調味は素材の味を生かす薄味に。味が物足りなかったら、調理したあとにレモン汁を少しふると味がひきたちます。アルコール類も、この時期はむくんだり悪酔いしがちなので控えます。

軽い有酸素運動

休日はウォーキング、サイクリング、スイミングなどで、たっぷりエネルギーを消費して、スリムでしまった体をつくりましょう。ウォーキングの運勁効果を出すには背筋を伸ぱした正しい姿勢を保って、早足で20分以上歩くことが大事です。

月経前緊張症のセルフケア

アロマテラピー

心も体も不調になりやすいこの時期は、ホルモンの調子を整えたり、月経前の不快な症状をやわらげてくれる精油を使って、ゆったりとアロマバスを楽しみましよう。

お湯の温度はぬるめにして、パスオイルやパスソルトを入れたら、お湯を十分にかき混ぜるのがポイント。アロマバスは、肌から染み込む薬効成分だけでなく、香りによるリラックス効果も見逃せません。

アロマバスで

クラリセージ

女性ホルモンのバランスを盤え、月経にまつわるトラブルを防ぎます。

ゼラニウム

女性ホルモンを調整し、痛みやだるさ、疲労感をとります。

ネロリ

交感神経を鎮静させ、月経前のイライラや不安を軽くします。

ハーブ

イライラしたり、落ち込んだり……。月経前は、自分のマイナス面がやけに目について、落ち込むことも多いですよね。そんなときは、メディカルハープのカを借りましよう。ティーハープの薬効成分が心と体に働いて、いつもの落ち着きを取り戻
してくれます。

ティーで

パッションフラワー

月経前の不安やイライラに。鎮静作用をもちます。

マザーワード

月経の遅れからくる緊張をしずめます。

チェストツリー

脳下垂体に働きかけ、女性ホルモンの分泌を調整します。

漢方

月経前の不快な症状だけでなく、冷えや肩こりなど、気になる症状も同時に改善してくれるのが漢方薬。左にあげた漢方薬のほかにも、「うつっぽい≒不安感がある」など、精神的な諸症状が気になるときには、加味逍遥散(かみしようようさん)もよく使われます。冷えやむくみも改善してくれます。

桂枝荻苓丸(けいしぶくりょうがん)

体格ががっしりしている人に。月経前のおなかの痛み、のぼせ、めまい、肩こり、頭痛などのつらい症状を改善します。月経困難症、月経不順、冷えにも有効です。

当卿しゃく薬散(とうきしゃくやくさん)

体力があまりない人に。おなかの痛み、冷え、頭痛、腰痛、肩こり、けん怠感を改善。月経困難症、月経不順、不妊症にも。