女性の不調 辞典 > 月経 > 月経痛(月経困難症)

月経痛(月経困難症)

ホルモンの働きで起きる子宮収縮の刺激が原因

程度の差はありますが、8割近くの人が月経痛を感じています。月経中は、子宮の中をおおっている内膜や月経血を体外に押し出すために、ブロスタグランディンというホルモンが分泌されて子宮を収縮させます。月経痛は、この収縮の刺激が痛みになってあらわれたものです。

月経中はホルモンのバランスがくずれるので、月経痛以外にも、吐き気、めまい、むくみ、貧血などの体の症状や、イライラ、憂うつ、あせりなど心の不調もともないます。症状は、月経開始の「1~2日にもっとも強く出ますが、だんだんに解
消されていきます。

ただ、なかには症状がひどくて、月経中、家事や仕事ができず、ベッドから離れられないような人もいます。これをとくに、月経困難症と呼んでいます。

月経痛がひどいときは子宮の病気がないかをチェック

月経痛は、原因になる病気がない場合と、子宮や卵巣の病気が原因で起きる場合があります。とくに病気がない場合は、プロスタグランディンというホルモンが過剰に分泌されたり、子宮や卵巣が十分に発育していない、または冷えや疲労、ストレスなどが原因になります。病気による月経痛の場合は、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫などが原因になっていることがあります。子宮や卵巣の病気は中高年の病気と思いがちですが、近頃は20歳代からふえているので、注意が必要です。

こんなときは受診を

次のような症状があるときは、婦人科を受診して、異常がないことを確かめておきましょう。

  • 月経痛や月経の蚤がだんだんひどくなる。
  • 月経血にレバーのようなかたまりが混じる。
  • 鎮痛剤が手放せない。
  • 鎮痛剤を規定蚤飲んでも効かなくなった。
  • 毎回、寝込んでしまう。
  • ひどい痛みが4日以上続く。

ホルモンバランスを整え全身の血行をうながす

月経を支配するホルモン分泌のバランスの乱れが、月経痛を悪化させます。ホルモンのバランスを保つためにも、規則正しい生活のリズムを心がけ、昼夜が逆転するような生活は改めましょう。

3度の食事をしつかりとり、栄餐のバランスにも注意しましよう。とくにエネルギー源になる穀類は欠かさずとりましよう。
冷えが月経痛をひどくするので、足腰を冷やさなさいように。夏でもレッグウォーマーやひざかけを利用して冷えを防ぎましよう。また、血管を収縮させるタバコは控え、月経中もストレッチ体操などの軽い運動で体を動かして、全身の血行をうながしましよう。

こうして月経痛を改善

鎮痛剤の服用

鎮痛剤は医師が処方したものでも、市販のものでも規定mを飲んでいるかぎりは問題ありません。痛みが強い1~2日間くらいの服用はかまいません。ただし、症状が出る前に飲むのが効果的です。規定丘lを飲んだだけでは効かなくなったときは医師に相談しましょう。

ストレッチ

腹筋・背筋を使うストレッチなどの軽い運動をして、骨盤内の血行をうながします。

下腹部をあたためる

下着を2枚重ねたり、携帯用のカイロを使ったりして、下腹部や腰をあたためます。骨盤内の血行がよくなって、痛みもやわらぎます。

血行をうながすビタミンE

ピーナツ・アーモンド・ヒマワリの種子・松の実などのナッツ類、カボチャ、ウナギなどにビタミンEが多く含まれています。血管を強くし、血行をうながします。

月経痛(月経困難症)のセルフケア

ハーブ

月経の周期を整えたり、つらい月経痛をやわらげてくれるハープを選んでみました。

ラズベリー・リーフは生殖器の強壮作用ももっています。1日3回、必要に応じて飲んでみましよう。症状がひどく長引いたり、苦痛になったりしたときは、がまんしないで受診しましよう。

ティ一で

ブラックコホッシュ

月経周期を整えながら、月経のときのけいれん性の痛みを軽減します。

マリーゴールド

体の浄化を助けながら、月経周期を整えて月経にともなう痛みを調整します。

ラズベリー・リーフ

子宮強壮の作用をもち、月経痛を軽くします。

リフレクソロジー

かかとにある骨盤の反射区、くるぶし付近にある卵巣の反射区を、指のはらを使って押しもみしましょう。

ホメオパシー

月経痛には、体を根本から癒して痛みをやわらげるホメオパシーも効果を発揮します。痛みや月経血のようすに合わせて使ってください。なお、回を重ねるごとに痛みがどんどんひどくなったり、月経血がふえていくような場合は、子宮や卵巣の病気が疑われます。婦人科を受診してチェックしてもらいましょう。

  • けいれん性の強い痛み
  • イライラして気が短くなる
  • 赤黒っぽい色の多量の出血

     ↓

カモミラ

原料は、ハーブティーでも知られるジャーマンカモミール。月経痛のほか、陣痛のときにも有効です。

  • さしこむような激しい月経痛
  • 痛みは夕方に悪化することが多い
  • 抑えた怒りやイライラ感

     ↓

コロキンティス

原料は、地中海東部のウリ科の植物。激しい神経性の痛みに多く使われるレメディ(治療薬)です。

  • 月経前から、けいれん性の痛みがあり、月経中も続く
  • 赤黒く粘つく感じの出血
  • 通常より周期が早い

マグ・フォス

原料はリン酸マグネシウム。軽い痛みからけいれん性の痛みまで、さまざまな痛みに有効。「ホメオパシ一のアスピリン」といわれています。

アロマテラピー

毎月のことだけに、鎮痛剤だけに頼りたくない人も多いのでは。アロママッサージで、月経にともなう不快な痛みをやわらげましょう。下半身が冷えて骨盤内がうつ血すると月経痛が強くなります。下腹部のマッサージは、血行をうながす意味からもおすすめです。入浴も効果的です。

マッサージで

カモミール

月経の痛みや不快感を解消します。

クラリセージ

ホルモンの分泌を竪えて、下腹部の痛みをやわらげます。

サイプレス

重い月経に。怒りやイライラをしずめる鎮静作用も。

マージョラム

月経痛をやわらげ、不安やストレスを緩和します。