アロマテラピー

芳香成分が、心と体に同時にアプローチ

アロマテラピーは、ハープなど植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)のもつさまざまな作用で、心と体に働きかける香りの療法。その有効性は、医学的にも証明されています。

香りをかぐ
精油の芳香成分は、鼻の奥の嗅覚細胞でキャッチされ電気信号に変えられて、大脳辺縁系や脳幹の視床下部へと達します。視床下部は、自律神経系・ホルモン(内分泌)系。免疫系の働きを統括するところ。香りの信号が視床下部
を刺激して、感情に変化を与えたり、自律神経を介して内臓の働きを調整したり、ホルモン分泌や免疫カにも影響を与えるなどさまざまな働きが知られています。
皮膚から吸収する
精油をキャリアオイルで薄めて肌に塗ると、芳香成分が皮膚からリンパ液、血液にのって体中をかけめぐります。

アロマテラピーを使うときは、ここに注意

原液のまま便わない
精油は有効成分が濃縮されているので、薄めて使うのが原則です。とくに、原液を皮膚に直接つけないように注意してください。マッサージにはキャリアオイルで溥め、足浴などにはお湯で十分に薄めて使います。また、はじめて使
う精油は、事前にパッチテストを行いましょう。
日光の刺激に注意
グレープフルーツ、オレンジ、レモン、ベルガモットなど柑橘系の精油は、紫外線と反応してしみや肌の炎症を起こす原因になるので注意を。外出前には使わないこと。
けっして飲まないこと
幼児や子どものいる家庭では、子どもの手の届かないところに保管してください。
妊娠中や特別な疾愚があるときは気をつけて
妊娠中や高血圧など病気があるときには、使えないハープもあります。購入時によく相談を。