しみ

なぜ しみ になるのか?

紫外線が原因で起こる色素沈着が「しみ」

20歳代後半から気になってくるのが肌のしみ。いちぱんの原因は、やはり紫外線(UV)。紫外線を繰り返し浴びていると、メラノサイトの一部に異常が生じ、紫外線にあたらなくてもメラニンをつくり続けるようになるのです。するとその部分に色素沈着が起こります。これが「しみ」。ほうっておくと、紫外線を浴びることで数がふえたり、色が濃くなっていくのでご用心。

しみだけじゃない。紫外線で体の免疫力もダウン

しみ、しわの原因になるなど、お肌の老化を早める紫外線は、浴びすぎると体の免疫力もダウンさせます。皮膚は、外敵から直接体を守る働きのほか、細菌やウイルス、アレルギー物質が体内に入り込むのを防ぐ免疫の働きをもっています。ところが、紫外線にあたりすぎるとこの免疫力が低下し、皮膚にさまざまな感染症が起こりやすくなります。たとえば、口のまわりに水庖ができる単純ヘルペスは、紫外線にあたったあとできやすくなることがわかっています。

雨の日や曇りの日も紫外線対策が必要

しみを予防する第一の方法は、とにかく紫外線を避けること。紫外線の量は、4月~9月にかけてもっとも多くなるので、春になったら紫外線対策をしっかりと立てておきましょう。

また、紫外線は晴れた日ばかりでなく、雨の日や曇りの日にも降り注いでいます。さらに室内にいるときでも安心はできません。しわの原因となるUVAは、ガラスを通って皮膚の中にも入ってくるからです。オフィスでも日当たりのよい窓際の席には紫外線が届いています。意外な場所での「うっかり日焼け」に気をつけましょう。

晴れた日を100%とした紫外線量

太陽から直接降り注ぐ光だけでなく、紫外線は地中などに反射する照り返しにも含まれています。太陽の出ていない夜以外は、紫外線はゼロになることはないと考えたほうがよいでしょう。

  • 雨の日 20~30%
  • 曇りの日 50~80%
  • 木陰.軒下 40~50%
  • 窓ガラス 0~10%
  • 砂浜 120%

紫外線対策

  • 日傘は、体全体が隠れるように、柄を短くもってさします。
  • 帽子のつぱは6センチ以上必要、まわりにつぱがついているものを選んで首筋もカバー。
  • 服は袖が長めのものを選びます。白は紫外線を通しやすく、反射するので、色のついたものを選んで。

生活

皮膚の新陳代謝のことをターンオーバーといいます。ターンオーバーのサイクルは健康な肌で約28日。睡眠不足やストレスなどでターンオー八ーが乱れてくると、メラニンが角質細胞とともにはがれ落ちず、定着してしまうことがあります。十分な睡眠やリラックスタイムをもつことは、ターンオーバーを正常に保つのに必要です。

日焼け止め

むらなく塗る

日焼け止めは、顔のすみずみまでむらなく塗ります。こめかみや、耳の前、首筋などは塗り忘れしやすい場所なので注意。

紫外線のあたりやすい部分に重ねづけ

鼻やほおなど出つ張つた部分には、顔全体に日焼け止めを塗つたあとで、さらにもう一度薄く重ねづけをします。

皮脂や汗が目立つてきたら、塗り直す

汗や皮脂をやさしく拭きとってから、日焼け止めを塗り直しましょう(上からパウダーをはたくとより効果的)。

食事

栄養バランスよく食事をするとともに、美肌成分がふんだんに入った栄養素を積極的にとることもしみ対策の一つ。

  • ビタミンC/メラニンの生成を防ぎ、できてしまった色素沈着を薄くする作用も(ブロッコリ一、キウィ、ゴーヤ、芽キャベツ、イチゴなど)
  • βカロテン/紫外線で発生した活性酸素をすばやく消去する働きがある(カボチャ、小松菜、春菊、ニンジン、ホウレン草など)
  • ビタミンE/皮膚の細胞膜の酸化を防ぐ作用がある(カボチャ、ウナギ、ピーナッツなど)
  • たんばく貿/新しい皮膚細胞をつくる(肉、魚、豆腐、納豆、チーズなど)

しみのセルフケア

アロマテラピー

アロマのフェイシヤルマッサージで、皮膚の細胞を活性化させて、しみが残らないようにケアしましよう。ノースリーブが多い人は、顔だけでなく肩や腕などもマッサージを。よい香りに包まれると、1日の疲れもとれていきます。

フェイシャルマサージで

キャロツトシード
しみを防いだり、できにくくする作用があります。
ネロリ
皮膚の新陳代剛をうながす作用があります。
ラベンダー
新しい細胞の成長をうながします。し皮脂バランスを蜷える働きも。

ハーブ

ビタミンCがたっぷり入ったハーブティーを飲んで、体の内側からもしみ対策をしましよう。毎日続けて飲むことが大切です。

ティーで

ローズヒップ
レモンの20~30倍ものビタミンCが含まれていることも有名です。
ネトル
ビタミンCやミネラルのほか、血液をさらさらにするクロロフィルも豊富に含みます。