大人ニキビ

なぜ大人ニキビになるのか?

大人のにきびは、いろいろな原因がからんでいる

「にきび」と呼ぶの10歳代まで、20歳代を過ぎたら吹き出物、とはよくいわれることです。

単純に、皮脂が過剰に分泌して、毛穴が詰まってできるのが10~20歳代前半の「青春のにきび」。それに対して20歳代後半からの「大人のにきび」(吹き出物)は、メイクやストレス、疲れ、ホルモン、食事など、さまざまな原因が絡み合って起こります。

その結果、皮脂の分泌が過剰になったり、逆に肌が乾燥して角質がかたく厚くなったりして、毛穴がふさがれて炎症を起こすものです。なお、月経前ににきびができやすいのは、月経の約2週間前からプロゲステロン(黄体ホルモン/女性ホルモンの一つ)と同時に男性ホルモンの分泌がさかんになるのが原因。男性ホルモンが皮脂腺を活発にさせるからです。

正しい洗顔とスキンケア、メイクにも注意して

まず、正しい洗顔で皮脂や汚れを落とし、肌を清潔に保つことが第一のケアです。

にきびや吹き出物があると、どうしても化粧で隠したくなりますが、下地クリームもファンデーションも油分過剰になるので避けます。「どうしても」というときには、パウダーファンデーションを横にすべらせるようにしてつけます。パフではたくと毛穴に入ってしまうので注意を。あるいは、ノンオイルのリキッドファンデーションなら肌の汚れは最小限に抑えられます。

なお、「にきびがあるのに乾燥肌」というケースは、よくあります。これは、皮脂を除くことに気を取られた結果の水分不足状態です。洗顔後に保湿ケアが必要です。皮脂を調節しながら、角質に水分補給ができる、オイルフリータイプの化粧水が最適です。

にきびの原因と対策

メイクや汚れが残ったまま

正しくない、あるいは不十分な洗顔で、フアンデーションや古い角質、余分な皮脂が肌に残っていると毛穴をふさぎます。そうすると、そこに、にきびの原因菌が繁殖します。メイクをしたまま寝てしまう、なんてことのないように。

油分の多い化粧

下地クリ一ムやファンデーション、クレンジングクリームなど油分を多く含んだ化粧品を使つていませんか? これは、
皮脂の分泌過剰状態を、わざわざつくつているようなものです。毛穴を詰まらせてにきびの原因になります。一度、化粧
品をチェックしてみて。

便秘がち

3日以上便が出ない、出たとしてもコロコロして残便感がある状態が便秘。胃や腸の消化器系の調子が悪いと、にきびは
悪化します。なお、月経によるホルモンの影響を受けると、便秘になりやすくな
ります。

タバコ

ビタミンCは、メラニンの生成を防ぎ、できてしまった色素沈着を薄くする働きがあるので、にきび痕を残さないために
も必要な栄餐素です。タバコは、たった1本でも、大量のビタミンCを破壊してしまいます。吸っているなら、すぐにや
める努力を。

月経不順

ホルモンのバランスが乱れて不安定になると、皮脂腺の分泌にも影響して、にきびが出たり、悪化します。婦人科を受診
して、月経のトラブルの相談をしてみましょう。

夜更かし

睡眠中は、ホルモンの働きが活発になり、古い細胞から新しい細胞へとリフレッシュされます。その時間帯は夜10時から夜中の2時。このあいだは皮脂の分泌が抑えられます。つまり、夜更かしをすると、ホルモンのバランスが乱れ、にきびが出たり、悪化させる原因となる皮脂の分泌をさかんにしてしまうのです。やはり早寝早起きが肌の健康の基本。

ストレス

ストレスがたまると、ホルモンのバランスがくずれて、新陳代謝が悪くなります。これは、肌の働きや免疫力が低下して、にきびを悪化させます。心身ともに疲れをためないようにしましょう。「にきびのせいで、毎日が憂うつ」などと気にするのも免疫力をダウンさせます。くよくよ悩まず、気持ちを明るくもちましょう。

脂肪や糖分のとりすぎ

両方ともとりすぎると、皮脂腺を強く刺激して皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。揚げ物などは控えます。チョコレー
トや甘いお菓子、ナッツ類もほどほどに。コーヒーやアルコールも皮脂の分泌をうながすのでご用心。

大人にきび(吹き出物)のセルフケア

漢方

肌荒れ、吹き出物は、内臓の機能が低下しているときやホルモンのバランスがくずれているときに起こります。漢方的な見方をすると、「肝」の異常や血がとどこおっている「お血(おけつ)」によることが多いようです。漢方で体全体の調子を整えていくと、肌のトラブルも自然と改善されていくことが多いものです。

半夏漓心瀾(はんげしゃしんとう)
胃腸の状態が悪いときに。神経性胃炎や過敏性腸症候群などにも。
当帰しゃく薬散(とうきしゃくやくさん)
月経不順や月経痛がある人に。ホルモンのバランスを整え、むくみや冷え性も同時に改善します。

アロマテラピー

ホルモンのバランスが乱れて、皮脂がかたよって過剰に分泌されると、そこに菌が繁殖してにきびができます。そんなときは、抗菌作用のある精油を使いましよう。また、ホルモンのバランスが乱れる背景には、ストレスも大きく影響しています。フエイシャルマッサージで、気分をリフレッシュしてください。

フェイシャルマッサ一ジで

ティートリー
強い浄化カで感染症を治す作用があります。
ラベンダー
皮脂のバランスを整えます。
パチュリー
炎症をやわらげ、皮膚細胞の再生に効果を発揮します。

ハーブ

にきびや吹き出物を鎮静化し、皮膚の再生を早めるハープを体にとり入れましょう。抗菌、殺菌に加えて、体の免疫カを強化するエキナセアティーもおすすめです。

ティーで

エリカ
美肌ハープとしても有名。利尿作用にすぐれ、毒素を排出し、にきびや吹き出物の治りを早めます。
スィートミント
消炎作用、抗菌作用により肌を守ります。肌の抵抗力を高めてくれます。
ラベンダー
ニキビや吹き出物を鎮静化。すぐれた浄化作用により、肌の再生をうながします。

フラワーエッセンス

植物のもつエネルギーを飲むフラワーエッセンス。身体の浄化作用をうながすエッセンスで、老廃物など、体にたまった不要なものを取り除きましよう。ストレスをためやすい性格の人のメンタル面も支えてくれます。

クラブアッブル
身体の浄化プロセスを支援します。
バーチ
ささいなことでイライラしてしまうタイプに。浄化をうながします。
セージ
エネルギーレベルでの強力な浄化をうながし、自分本来のリズムを取り戻します。